2007年3月21日 (水)

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』予告編

14_n0010212 Photo_14

ジャック・スパロウ船長の危機的なラストシーンの前作から、待望の続編『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』がとうとう5月25日に公開される。

 本作はアジアが舞台になったり、キース・リチャーズが出演したりとさまざまな話題でいっぱいだが、その映像はまだベールを脱いでいない。予告編でさえもその映像はまだ解禁されていなかったが、ついにアメリカで3月18日(日本時間 本日3月19日)に開催されるファンイベントでの予告紹介をかわきりに、日本での予告編映像が3月21日に解禁されることになった。

 この予告編については、いままで何も情報がなく、待ち焦がれたファンの間では、異例とも言える予告編の海賊版もWEBで流出したりと予告編に関しても本編なみの大フィーバーだ。

 ディズニー・グループのトップであるマーク・ゾラディは「この予告編は全世界で20億人以上が視聴する」とコメントしたほど、そうとうな自信がある映像のようだ。

 この予告編は日本では Yahoo!映画で3月21日(祝)の10時からから25日まで配信することが決まっている。

Yahoo!映画:http://event.movies.yahoo.co.jp/theater/pirates3/

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』は5月25日公開。

オフィシャルサイトhttp://www.disney.co.jp/pirates/

★めっちゃ見たい!!!

楽しみだーーーヾ(●´▽`●)ノ彡☆

オーランドブルームが死にませんように!!><

女の人とハッピーエンドで追われますように!!

それだけを祈って・・・(o>ロ<)o

ジャックスパロウもだいすけだけどね(人・㉨・)♡

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年12月22日 (金)

ハリポタ完結編は「死の聖人」

世界的人気のファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズの完結編となる第7作のタイトルが「ハリー・ポッター・アンド・ザ・デスリー・ハロウズ」(ハリー・ポッターと死の聖人)に決まった。出版元のブルームズベリー社がウェブサイトで明らかにした。出版日は未定。
 第6作までは全世界で計3億部も売り上げ、63言語に翻訳されている。作者のJ・K・ローリングは、英国で最も収入の多い女性になった。シリーズを原作とした映画もヒットを重ね、第5作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」は来年の公開に向け、撮影中だ。
 ローリングは自身のウェブサイトで、ハリー・ポッターが完結編で殺害される可能性のあることをほのめかしている。

yahooから抜粋→ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061222-00000008-jij-ent

★殺害される可能性のあることをほのめかしているって・・・

明らかに殺害されるってことやんかーーー。゜゜(´□`。)°゜。ワーン!!

いややーーー!!!

昔から主人公は生き残るって決まってるんやー(。◕ฺˇε ˇ◕ฺ。)

でも死の聖人って・・・ポッターのこと??

気になる!!!!

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年12月15日 (金)

ダニエル・ラドクリフ 「ハリー・ポッターは死ぬべき」 (MTV)

エクスペクト・パトローナム! ハリー・ポッターのたちの悪いディメンターたちと同じように、若きハリーのファンたちはできる限り前向きになる必要がありそうだ。ハリー役のダニエル・ラドクリフがオーストラリアのテレビ番組の中で、ハリーがシリーズ完結作で死ぬことを望んでいると語った。

「そう願いたいです、はい。(著書のJK・ローリングにとって)ほかにシリーズを完結する方法はないんじゃないかな」と17歳のラドクリフは最終巻への予測を語った。「もしハリーが生きたまま物語が終わるとすれば、続きが読みたいという声はやまないだろうね」。

映画シリーズ最新作『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』は2007年7月に公開予定。

(MTV JAPANから抜粋)

★( ゚д゚)ポカーン

ガ━━(゚Д゚;)━━ン!

なんですとーーー!!!!

ありえへんありえへん!!!

死んだらHappyEndじゃないやん!

死ぬの反対!!!(☄ฺ◣д◢)☄ฺワシャー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

ハリウッド版・『悪夢探偵』はブラピが最有力候補!?リメイク・オファー殺到中

全無欠のヒーローからは程遠く、生きることに滑稽なまでに後ろ向きな“悪夢探偵”影沼京一。世界の塚本晋也監督の記念すべき10作目『悪夢探偵』は夢と現実が交錯する異次元エンターテイメントだ。

日本公開前のこの作品には現在、ハリウッドからのリメイクオファーが殺到中。去る11月1日から8日まで、アメリカのサンタモニカで開催されたAFM(アメリカン・フィルム・マーケット)にて、海外上映権販売のため『悪夢探偵』の試写を実施、複数社からリメイクオファーがあった。名乗りをあげた会社は、ブラッド・ピットの製作会社で『ディパーテッド』を手がけるPlan Bや、タランティーノらの育ての親である製作・配給会社Weinstein Company、『リング』『仄暗い水の底から』『呪怨』などのリメイクを手がけたVertigo Entertainmentなど、メジャースタジオを含めた16社。原作の存在しない全くのオリジナル作品が日本公開を待たずしてここまでオファーを受けるのは、作品のオリジナリティ、“悪夢探偵”というキャラクターが認められたからだと言える。

本作は、アメリカ、イギリス、オーストラリア、イタリア、ドイツ、韓国、台湾、シンガポール、マレーシア、ブルネイほか世界各地での公開も続々決定しており、日本では2007年1月13日(土)よりシネセゾン渋谷・池袋シネマサンシャインほか全国にて公開される。

『悪夢探偵』

他人の夢の中に入れる特殊な能力を持った青年(松田龍平)。人々は彼のことを「悪夢探偵」と呼ぶ。しかし彼は、その力を望んではいなかった…。黒マントに身を包み、他人の夢の中に入れる特殊な能力を持った悪夢探偵が、その力を駆使し、ヒロインの女刑事(hitomi)と共に猟奇的な連続殺人事件の謎に迫っていく姿を、驚異の映像と斬新なストーリーで描き出す、スリルとサスペンスに満ちた超絶アクションスリラー。『六月の蛇』でヴェネチア国際映画祭審査員特別大賞を受賞し、名実共に世界の〈TSUKAMOTO〉となった塚本晋也監督の、記念すべき長編第10作。

2007年1月13日よりシネセゾン渋谷、池袋シネマサンシャインほか全国にて公開

2007,日本,ムービーアイ・エンタテインメント

悪夢探偵→ http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/16097/

061016_akumutantei_main_1

cinemacafeから抜粋→ http://www.cinemacafe.net/

★おもしろそーーー(´♡ω♡`)

うち、サイコとかそういうのだいすけ(✿ฺ´∀`✿ฺ)ノ

だから、松田君の出てるこの映画もおもしろそう☆☆

見たいみたいーー(。・ˇ∀ˇ・)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年12月 6日 (水)

トビー・マグワイアが「スパイダーマン」シリーズ降板を示唆

トビー・マグワイアが、主演作「スパイダーマン」シリーズからの降板を示唆した。「スパイダーマン3」の撮影を終えたマグワイアは、「ここで辞めた方が良いかもしれない」とコメント。「今後作られる『スパイダーマン』映画には契約上、縛られていないからね。もし、納得がいくものになるのならば、もう1作やるかもしれないけれど、これが最後になる可能性が高いことは確かだね」と打ち明けた。また、共演するキルステン・ダンストも、「私は、次から次に映画に出るようなタイプの女優ではない」と語っており、「スパイダーマン4」が製作されることになれば、キャストが一新される可能性もありそうだ。

スパイダーマン3→ http://www.sonypictures.jp/movies/spiderman3/site/

eiga.comから抜粋→ http://www.eiga.com/index.shtml

★ええええ!!!

もう出ないって、、何故???

それって、悲しいお話すぎるから???∑(ФωФ;;;ノ)ノ

しかも4があるかもしれないのかなー??

もうHappy endで終わってくれーー。゜゜(´□`。)°゜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

ドラマ「東京タワー」に絶賛の嵐

主演の大泉洋(33)はガッカリか?

 先週末に放送されたスペシャルドラマ「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン」(フジテレビ)。話題性が高く、視聴率20%超えは確実と思われたが、フタを開けてみれば15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と伸び悩んだ。

 もっとも、評価は高い。

「まれに見るA級ドラマ。感動しました」と言うのは芸能評論家の肥留間正明氏だ。

「特に“おかん”役の田中裕子の演技は素晴らしかった。主演の大泉が全国区ではまだ知名度が低いので、視聴率15%台は仕方ないでしょう」

「東京タワー」の原作は、累計200万部を売り上げたリリー・フランキーのベストセラー。当初は、原作にほれ込んだ久世光彦氏が演出を手がける予定だった。が、久世氏は急逝。彼の遺志をついで制作が続けられたが、今年7月、放映を目前にして出演者の山本圭一の“不祥事”が発覚し、放送は延期になった。

 その後、山本の出演シーンはお笑いコンビ・ドランクドラゴンの塚地武雅を代役に撮り直し、ようやく放送にこぎつけた。

「映画『ALWAYS 三丁目の夕日』と同様で団塊の世代にとっては郷愁を誘う内容に仕上がっていました。今回のスペシャルドラマがよくできていたので、1月に予定されている連ドラも楽しみです」(放送評論家の松尾羊一氏)

 期待したい。

(ゲンダイネットから抜粋)

★えええ!!??

全然がっかりじゃないし!!!

逆に大泉洋のあの九州弁?博多弁?北九弁?に惚れたよーーー(´♡ω♡`)

本みたいにはすんごく泣かなかったけど、すっごい感動したし、超泣けたって(o>ロ<)o

だって、確かに田中裕子さんの演技すごい良かった!!

ほんとの優しいお母さんみたいやし!!(o>ロ<)o

ボクの大泉もすごいすてきな方言やし★

全然良かったと思うなー(。-`ω´-)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

人気ドラマ「CSI:ニューヨーク」がネットで観られる!

アメリカのみならず日本でもWOWOWで放映され、大人気の「CSI:ニューヨーク」の1話がインターネットで観られる。配信するのはYahoo!動画。日本語圏のインターネットで初めての配信となる。

 「CSI」シリーズは、現実に全米各地の犯罪捜査機関で使われている最新の科学捜査テクニック・機材を紹介しながら、眠らない街ニューヨークで寝る間を惜しんで難事件に取り組む捜査班を描くサスペンスアクションだ。

 製作総指揮は、『パイレーツ・オブ・カリビアン』『フラッシュダンス』『トップガン』『アルマゲドン』などのヒット作でおなじみのジェリー・ブラッカイマーだけに観始めたら止まらなくなるのは間違いない。

2006112000000008flixmoviview000

yahooから抜粋→ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061120-00000008-flix-movi

★ウソ━━Σ(`・д・´;)━━ン!!!

やたねーー!!!(つ´∀`)つ

でも、、、1話だけ???笑

でもCSIめっちゃめっちゃめっちゃだいすけ!!!(●'3`♥)♪゚◈+。

でも、このNYバージョンじゃなくて、CSI:科学捜査班のラスベガスがいっちばん好きなのだけど・・・

ま、でもCSIは3つとも好きだし、ま、いっか♪

てか、絶対もっと色んなのやってほしいんだけど(。☉益☉)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルパン&峰不二子の愛車を製造

バンダイナムコグループのバンプレスト(東京)は20日、人気アニメ「ルパン三世」を題材にしたゲームソフトの来年2月発売を前に、アニメの中でルパン三世が愛用したクラシックカーを実車で製作した、と発表した。クイズの正解者に抽選でプレゼントする。「ルパンの愛車」と、峰不二子の愛車「ハーレーダビッドソン」の各1台。ルパンの愛車は、光岡自動車の89年製クラシックカー(排気量約1500CC)をベースに仕上げた。ハーレーは07年モデルの「スポーツスター1200」の低シートタイプを改造、ルパン三世のロゴも入れた。

Photo_8

sponichi annexから抜粋→ http://www.sponichi.co.jp/society/news/2006/11/21/01.html

★ルパンだいすけーーー!!(つ´∀`)つ

ルパン今GYAOで昔のアニメやってるよねーー(●'3`♥)♪゚◈+。

見てるしー!!(。・ˇ∀ˇ・)ノ

でも、車、赤いのだけど、昔のは黄色い車だったけど、、、

ま、いっか(●´ω`●)ゞエヘヘ

でも、黄色い車のやつほしい!!!

ほんものほしい!!

たらったらったったーー♬♩♫♪♪♫♩♬ ♫♫♬

| | コメント (1) | トラックバック (1)

「ハリー・ポッター」の新ポスターがお目見え

来年7月13日全米公開の「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」の新ポスターがお目見えした。レイフ・ファインズ演じるヴォルデモート卿が魔法の杖を構えたインパクトのあるポスターで、「You will lose everything.」(おまえは、すべてを失うことになる)というコピーが書かれている。

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」新ポスター

Harrypotterandtheorderofthephoenix200611_3

(eiga.comから抜粋)

★・・・・こわーーー。゜゜(´□`。)°゜。

もうちょっと、かわいくしてほしかった・・・

確かに、だんだん暗い感じになってってるけど・・・

てかてか、7話目はほんとに、、ハリー・ポッター死んじゃうのかな・・・

死ななかったらいいな・・・

悲しすぎる・・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年11月13日 (月)

オダギリジョーが累計260万部の人気コミックの主人公に!

 『AKIRA』で世界的人気を誇る大友克洋が15年ぶりに実写映画の監督に挑戦し、俳優・オダギリジョーが主人公を演じることでも話題の『蟲師』が、来年3月松竹・東急系にて全国ロードショーされる。

 『蟲師』とは、比類なき世界観と生命観、人間の感情を深く綴る物語として、女流漫画家・漆原友紀が繊細かつ緻密な筆致で描きあげ、2003年に文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞、2006年には講談社漫画賞一般部門を受賞したベストセラーコミック。昨年に放映されたCX系アニメ版も大好評という人気作だ。

 世界の大友が原作に惚れ込み、構想2年、撮影期間3ヶ月を要して製作された、日本人独特の感性を盛り込んだ全く新しい和のVFXファンタジーは、既にベネチア映画祭コンペティション部門出品の報でも知られる、来春ロードショーの注目作の一つ。

 キャストには、主人公の蟲師・ギンコを演じるオダギリジョーを始め、江角マキコ、大森南朋、蒼井優が出演。大友克洋の最新作と聞き出演を即決したと語る、今が旬の俳優陣にも注目が集まるところだ。

蟲師オフィシャルサイト→ http://www.mushishi-movie.jp/

38957_1

ORICONから抜粋→ http://contents.oricon.co.jp/news/movie/38957/

           

★蟲師すきーーー(●'3`♥)♪゚◈+。

ファニーなおもしろさじゃなくて興味深い感じでおもしろい!!

早く映画化なってほしいなーー(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)

楽しみだい☆(。→∀←。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧