2006年11月21日 (火)

ルパン&峰不二子の愛車を製造

バンダイナムコグループのバンプレスト(東京)は20日、人気アニメ「ルパン三世」を題材にしたゲームソフトの来年2月発売を前に、アニメの中でルパン三世が愛用したクラシックカーを実車で製作した、と発表した。クイズの正解者に抽選でプレゼントする。「ルパンの愛車」と、峰不二子の愛車「ハーレーダビッドソン」の各1台。ルパンの愛車は、光岡自動車の89年製クラシックカー(排気量約1500CC)をベースに仕上げた。ハーレーは07年モデルの「スポーツスター1200」の低シートタイプを改造、ルパン三世のロゴも入れた。

Photo_8

sponichi annexから抜粋→ http://www.sponichi.co.jp/society/news/2006/11/21/01.html

★ルパンだいすけーーー!!(つ´∀`)つ

ルパン今GYAOで昔のアニメやってるよねーー(●'3`♥)♪゚◈+。

見てるしー!!(。・ˇ∀ˇ・)ノ

でも、車、赤いのだけど、昔のは黄色い車だったけど、、、

ま、いっか(●´ω`●)ゞエヘヘ

でも、黄色い車のやつほしい!!!

ほんものほしい!!

たらったらったったーー♬♩♫♪♪♫♩♬ ♫♫♬

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年11月13日 (月)

オダギリジョーが累計260万部の人気コミックの主人公に!

 『AKIRA』で世界的人気を誇る大友克洋が15年ぶりに実写映画の監督に挑戦し、俳優・オダギリジョーが主人公を演じることでも話題の『蟲師』が、来年3月松竹・東急系にて全国ロードショーされる。

 『蟲師』とは、比類なき世界観と生命観、人間の感情を深く綴る物語として、女流漫画家・漆原友紀が繊細かつ緻密な筆致で描きあげ、2003年に文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞、2006年には講談社漫画賞一般部門を受賞したベストセラーコミック。昨年に放映されたCX系アニメ版も大好評という人気作だ。

 世界の大友が原作に惚れ込み、構想2年、撮影期間3ヶ月を要して製作された、日本人独特の感性を盛り込んだ全く新しい和のVFXファンタジーは、既にベネチア映画祭コンペティション部門出品の報でも知られる、来春ロードショーの注目作の一つ。

 キャストには、主人公の蟲師・ギンコを演じるオダギリジョーを始め、江角マキコ、大森南朋、蒼井優が出演。大友克洋の最新作と聞き出演を即決したと語る、今が旬の俳優陣にも注目が集まるところだ。

蟲師オフィシャルサイト→ http://www.mushishi-movie.jp/

38957_1

ORICONから抜粋→ http://contents.oricon.co.jp/news/movie/38957/

           

★蟲師すきーーー(●'3`♥)♪゚◈+。

ファニーなおもしろさじゃなくて興味深い感じでおもしろい!!

早く映画化なってほしいなーー(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)

楽しみだい☆(。→∀←。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

「NANA2」で完結!エンディングはオリジナル

矢沢あいさんの人気漫画が原作の映画シリーズ「NANA」が、第2弾「NANA2」(12月9日公開、大谷健太郎監督)で完結することが3日、発表された。漫画はまだ続いているが、映画化に必要なエピソードが少ないため。久保田修プロデューサーは「出演者も年齢を重ねていくので続けるのは困難」と説明した。

 昨年9月に公開された第1弾は歌手・中島美嘉(23)と女優・宮崎あおい(20)の共演で興収40億円のヒットを記録。しかし、第2弾は「全員が多忙になり、同じキャストで行うのは難しい」との理由で、宮崎演じた小松奈々役を女優・市川由衣(20)が演じるなど、一部の出演者を変更。1作目からの世界観の統一が難しくなっていた。

 第2弾ではナナ(中島)のバンド「BLACK STONES(ブラスト)」のデビューまでが描かれ、エンディングは原作にないオリジナルになる。久保田氏は「すべてが一件落着になるわけではない」と複雑なラストを予告した。

 この日は東京・調布の日活スタジオで中島、市川、玉山鉄二(26)、姜暢雄(27)、丸山知己(31)、本郷奏多(15)、成宮寛貴(24)、ら“新生NANA”のメンバーが会見。中島は「市川さんの印象? かわいくて見てるだけで楽しい」。市川も「美嘉ちゃんはナナそのもの。普段も一緒にいて安心できる人なので楽しい」と話すなど、2人は息ぴったりだった。

yahooから抜粋→ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061004-00000031-sanspo-ent

★(;☉ฺд☉ฺ)エエッ! ウソ━━Σ(`・д・´;)━━ン!!!

NANA2で完結??!!

全然コミックではハッピーエンドですらないのに・・・(。☉益☉)

なんだか、NANAの1のほうみて、おもしろいかもと思い始めてきたばっかりやのに、、、残念というかショック・・・

3くらいまで続けてくれてもいいのになぁー(♉ฺA♉ฺ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本の代表アニメ「エヴァンゲリオン」…芸術100選

文化庁は3日、日本を代表するアートやマンガなどの作品を集めた「日本のメディア芸術100選」を発表した。

 アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門ごとに、1950年代以降の日本を代表する作品についてインターネットを通して募ったところ、3万3884人から計20万9284票の投票があり、各部門上位25作品が選ばれた。

 アニメーション部門の1位は「新世紀エヴァンゲリオン」で3500票を集め、全部門を通じ最も投票数が多かった。アニメ部門の2位は「風の谷のナウシカ」、3位は「天空の城ラピュタ」で、25作品中7つを宮崎駿氏の作品が占めた。

 アート部門は岡本太郎氏の代表作「太陽の塔」、エンターテインメント部門はインターネットで公開されているアニメ「やわらか戦車」、マンガ部門は高校バスケットボールを題材にした「スラムダンク」が1位となった。

また、年代別の上位作品も発表され、1970年代のアニメ部門1位は「機動戦士ガンダム」、60年代のマンガ部門1位は「ドラえもん」だった。

YOMIURI ONLINEから抜粋→ http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20061003it12.htm

★あ!!!

私、エヴァめっちゃ好き!!!

ヲタに近い!!

でもアニメしか見たことない!!

エヴァと同じくらいジブリだいすけ(´♡ω♡`)

選ばれて嬉しい☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月 3日 (火)

ドラクエとマリオ、DSで共演

式会社スクウェア・エニックスは、ニンテンドーDS用ボードゲーム「いただきストリートDS」を発売すると発表した。発売日および価格は未定。

 DS「いただきストリートDS」は、すごろく風のボードゲーム「いただきストリート」シリーズの最新作。今作では、同社のRPG「ドラゴンクエスト」シリーズと、任天堂株式会社の「スーパーマリオブラザーズ」シリーズのコラボレーションを実現。両シリーズのキャラクタたちが、同じ盤上で競い合う。

 またプラットフォームがDSになったことで、無線通信機能に対応。ワイヤレス通信で近くのプレーヤーと対戦できるのはもちろん、ニンテンドーWi-Fiコネクションにも対応し、遠方のプレーヤーとも対戦できる。

 現時点ではほとんど情報が公開されておらず、Wi-Fiコネクションでどういったマッチングが可能か、任天堂とのコラボレーションでゲームがどうアレンジされるかなど、気になる要素も多い。今後の情報に期待したい。

(Impress Watchから抜粋)

★マリオだいすけーー(´♡ω♡`)

マリオのゲームいっぱい持ってる・・・持ってた!!(。・ˇ∀ˇ・)ノ

ドラクエも持ってる・・・持ってた!!!(。・ˇ∀ˇ・)ノ

一緒のゲームになるなんて、、、めちゃ素敵☆☆(´♡ω♡`)

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2006年9月11日 (月)

「おじゃる丸」原案者が自殺

 NHKの人気アニメ「おじゃる丸」の原案者で知られる女性イラストレーターの犬丸りんさん(48)が、東京都武蔵野市吉祥寺本町の自宅マンションの屋上から転落して死亡していたことが11日、わかった。警視庁武蔵野署は飛び降り自殺と見ている。

 調べによると、犬丸さんは10日午後1時30分ごろ、14階建ての自宅マンションの屋上から、隣にある5階建てのビルに転落し、死亡した。屋上にあったカバンの中には、母親あての遺書があったという。

 犬丸さんは東京都生まれ。筑波大学大学院修了後、1990年「モーニンツルカメ」でデビュー。以来、漫画やエッセー、小説などで活躍した。代表作のアニメ「おじゃる丸」はNHK教育テレビで98年10月から始まり、現在第9シリーズが放送されている。

yahooから抜粋→ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060911-00000305-yom-soci

★えええ!!ショック・・・何回か見たことあるけど、子供ウケしそうなアニメだったよう。゜゜(´□`。)°゜。

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2006年9月 4日 (月)

宮崎吾朗監督 次も作る

「第63回ベネチア国際映画祭」で特別招待作品の「叫(さけび)」(黒沢清監督)とスタジオジブリのアニメ「ゲド戦記」(宮崎吾朗監督)の公式会見と公式上映が行われた。宮崎監督(39)は緊張しながらも「アニメの仕事は大きな魔力があることが理解できました。もう一度作りたいと思います」と初めて次回作の意欲を語った。特別招待作品だが、新人監督賞の資格もある。

 世界の注目が集まるベネチアで新人監督が次回作を宣言した。会見で宮崎吾朗監督は「アニメの仕事は大きな魔力があるというのが理解できました。機会があればもう一度、よりよいものを作りたいと思います」。初めて次回作の意欲を口にした。

 デビュー作「ゲド戦記」を引っさげてのベネチア入り。最初は「素人から始めたボクを受け入れてくれるのに戸惑いがあります」と口にしたが、父親の宮崎駿監督(65)は一昨年、「ハウルの動く城」で技術貢献賞を、昨年は栄誉金獅子賞を受賞した。同じ場所で自らも“映画監督”を改めて実感したようだ。

 会見場は特別招待作品にもかかわらず満員で立ち見が出るほど。公式上映のチケットも即完売するなど、ジブリブランドの効果は絶大だ。父親との関係を聞かれ「昨年の夏からけんかしてそれ以降、話をしていません」と話すと、どよめきも起こった。特別招待作品ながら、「新人監督賞」の候補でもある。部門にかかわらずデビュー作の監督の次回作を応援しようという趣旨でフィルムや賞金などが贈られる。今回は約10人がノミネート。受賞の可能性も高い。

 なお、コンペ部門のアニメ「パプリカ」(今敏監督)の公式上映が2日の夜に行われ、5分以上のスタンディングオベーションに今監督が感極まる場面も。地元各紙の映画評論家の採点では20人中12人が観賞し、さまざまな反応。満点の5つ星が1人、4つ星が3人という内容。コンペ部門の本命と言われる英映画「The Queen」(5つ星=2人、4つ星=8人)には及ばないが健闘を見せた。

yahooから抜粋→ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060904-00000100-sph-ent

★んーーー、、、次はもっともっと良いの作ってほしいなぁ(。-`ω´-)

声優といつもの絵はナイスチョイスかもしれないけど、話の内容がちょと私にはわかりにくかったから、もうちょっと易しい内容のものにしてほしい。笑

でもまだまだ頑張ってほしいです(つ´∀`)つ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

ディズニーがついにPC音楽DLを開始~Disney Music Store on フレッツ

ウォルト・ディズニー・ジャパンのインターネット事業部門であるウォルト・ディズニー・インターネット・グループは8月29日より、音楽をパソコンでダウンロードできる公式サービス「Disney Music Store on フレッツ」をスタートする。PC音楽ダウンロードサービスの提供は、ディズニーとしては初の試みとなる。

 「Disney Music Store on フレッツ」は、「DisneyBB on フレッツ」のプログラムの1つとして、ディズニーの楽曲がパソコンを使ってオンラインでダウンロードできるサービスで、ディズニー公式として唯一のものとなる。

 「美女と野獣」などの誰もが知っているディズニーの名曲から、「パイレーツ・オブ・カリビアン」などの最新映画のサウンドトラックまで幅広いラインアップが揃っており、ディズニー音楽の世界を心ゆくまで楽しめる内容だ。

 利用には、NTT東日本もしくはNTT西日本のBフレッツまたはフレッツ・ADSLの契約が必要となる。基本は、1曲あたり210円で視聴可能で、アルバムパッケージも用意されている。

 利用環境は以下のとおり。

・対応OS:Windows98SE/Me/2000/XP(Macitosh未対応)
・CPU:PentiumIII500MHz以上
・メモリ:128MB以上
・ブラウザ:Internet Explorer5.5 SP2以上
・プレーヤー:Windows Media Player9以降

★絶対、スティッチの音楽ダウンロードするんだーー(つ´∀`)つ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

ハリポタ抜いた全英No.1ファンタジーが日本上陸!

『ハリーポッター』を抜いた全英No.1ファンタジー『レインボーマジック』が、本日8月22日、ゴマブックス株式会社(東京・港)より全国書店にて一斉発売された。

 『レインボーマジック』は、2003年にシリーズ第1作が出版されてから、オーチャード版(イギリス・オーストラリア)では、シリーズ累計800万部に迫るメガヒットを記録。イギリス本年度上半期の児童書部門の売上げでは、『ハリーポッター』のJ・K・ローリングを抜いて、『レインボーマジック』のデイジー・メドウズが堂々の1位を獲得するなど、『ハリポタ』を凌駕。読者層は、6歳から小学校高学年の子供たちを中心に、読み聞かせする母親まで幅広く、国民的な人気を誇る。

 世界23カ国で翻訳も決定しており、世界的なムーヴメントになり始めた。中でも日本版は、「たくさんの仕掛けもあり、今のところ日本版は世界一の本」(プロデューサー、クリス・スノウドン氏)というから、益々期待が高まる。

 『レインボーマジック』は虹の7色の妖精(フェアリー)が登場するファンタジー。ある呪いにかけられ白黒の世界になってしまった“フェアリーランド”を色のある平和の世界に戻すために、2人の女の子、レイチェルとカースティは、7人の妖精(フェアリー)を探す冒険の旅へ出かける物語。

 本日8月22日に発売される『レインボーマジック・シリーズ』は、『赤の妖精(フェアリー) ルビー』『オレンジの妖精(フェアリー) アンバー』『黄色の妖精(フェアリー) サフラン』の3作品。他の『みどりの妖精(フェアリー) ファーン』や『青の妖精(フェラリー) スカイ』などの4作品は、9月、10月に2作品ずつ発売する予定だ。

32228_1 32228_2

ORICONから抜粋→ http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/32228/

★おもしろそう?!?!☆:*・゚(●´∀`●)ホェ:*・゚おもしろそうじゃんねー(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)

私、ファンタジーなの大好き♪♪♪

これも映画化するのかなあ???

してほしいなー(*♛ฺω♛ฺ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

ひみつ道具「くうき砲」など、ドラえもんの世界を再現したおもちゃ続々登場

エポック社は、「ドラえもん ひみつ道具 くうき砲」を12日に発売する。マンガやアニメでおなじみの作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具「くうき砲」をおもちゃとして再現したもので、実際に空気を打ち出して遊ぶことができる。価格は2,079円。

『ドラえもん』の劇中に登場するくうき砲は腕に装着する形だが、おもちゃのくうき砲は本体の後ろにあるレバーを握って持つタイプ。レバーを引いて装填し、トリガーを引くと空気の弾が打ち出されるもので、射程距離は約3m。パッケージを組み立てると射的の台になり、付属の的を使って的当てなどのゲームが楽しめるようになっている。本体サイズは直径140mm×長さ300mmで、1.5Lのペットボトル程度の大きさ。

『ドラえもん』の関連商品を多く手がけるエポック社からは、夏から秋にかけてほかにも関連商品がリリースされる。「ドラえもん のび太の家 とびだす4つの大冒険」はそのものズバリのび太の家を題材にしたおもちゃ。と言っても一戸建ての住宅を再現しているのではなく、アクションジオラマとして、机のタイムマシンから未来の世界や恐竜時代に行けたり、どこでもドアから古代の遺跡や海底の沈没船に行けたりするという、数多くのギミックを搭載した商品となっている。発売日は「くうき砲」と同じ12日で、価格は5,229円。

続いて9月2日に発売となる「どこでもドラえもん日本旅行ゲーム+2(プラスツー)」は日本地図上にコマを進めるボードゲーム。各地の特産品を楽しみながら学べることで好評を呼んでいる「どこでもドラえもん日本旅行ゲーム」シリーズの最新版で、カードの内容の刷新や新ルールの追加など、前作の「+」をより進化させたものとなっている。2人~6人用で、予定価格は3,780円。

ちなみにこの商品でフィーチャーされている「どこでもドラえもん」( http://www.happiness-co.jp/products2/dora/ )とは、日本各地の名物にちなんだご当地ドラえもんのこと。2002年からシリーズ展開がスタートしており、静岡・浜名湖の「うなぎドラ」、茨城の「なっとうドラ」、鎌倉の「大仏ドラ」など、これまでの90種類以上の名物ドラえもんが生み出されている。

また9月30日発売予定の「ドラえもん 体感タケコプター! ~空とぶ大冒険~」は、本体をテレビと接続して、テレビ画面のドラえもんを操作するタイプの体感ゲーム。ポイントは頭に装着するタケコプター型の赤外線コントローラーで、装着している人の動きがテレビ画面のドラえもんに反映される仕組み。予定価格7,854円。

写真が入った記事 - MYCOMジャーナル

画像はこちら
http://journal.mycom.co.jp/news/2006/08/10/320.html

【レポート】秋冬商戦のおもちゃが一堂に、最大規模の「東京おもちゃショー2006」
http://journal.mycom.co.jp/articles/2006/07/20/toy/003.html

シネックス - 「春一番! Intel Dual Core祭」、秋葉でジャイアンリサイタル!
http://journal.mycom.co.jp/news/2006/03/18/004.html

エポック社
http://www.epoch.gr.jp/

yahooから抜粋→ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060811-00000091-myc-sci

★ええええ!!!どどどドラえもんの道具が?!?くうき砲かぁ。。。ほしいーー☆☆・ワ――゚.+:。ヾ(o・ω・)ノ゚.+:。――イ

この調子でいくと、、タケコプターとかどこでもドアとかでてきて、移動しほうだいじゃんかーー( *ゝ∀・)b

| | コメント (0) | トラックバック (2)