« メープルシロップ人気高まる | トップページ | 「ピーターパン」100年目の続編 »

2006年10月 6日 (金)

モテる奴の仕草を真似ればきっと!?気になる異性の仕草は!?

異性の何気ないしぐさや、ちょっとした表情に触れた時「ドキッ」としたり「ゾクッ」ときたりすることはよくある(はずだ)。そこから先にどう展開していくかはモチベーションと相性に任せるとして ORICON STYLEでは、10~40代男女に「つい惹かれてしまう異性のしぐさ」についてリサーチしてみた。

 女性の回答で最も多かったのが【笑顔】。10~40代のすべてで、男性の笑顔はチャーミングに映る。「照れ笑い」「意外に子供っぽい笑い」「ふとした時の笑い」は、確実に女性を惹き付けるようだ。次いで【タバコを吸う】ときのしぐさ。「火をつける時の表情」「吸う時、吐く時の表情」「眉間のシワ」「眼の動き」「指の動き」等々、細かなしぐさに惹かれている。
 特に女性の20~30代に多いのが、【車を運転している】とき。「運転している」だけで惹かれるとか、「車の駐車の際、振り返った表情」「車をバックさせるとき、助手席のシートの後ろに腕を回して運転すると、首筋が自分の顔の近くに来て、妙にドキドキしてしまう」など。
 【ネクタイ】に関するしぐさはどの年代でも登場。「緩める」「締め直す」「外す」のそれぞれのアクションに、「男を感じる」、「セクシー」、「色っぽい」と惹かれている。少数ながら10~40代すべてで【腕まくり】があがっている。【腕まくり】して覗く「腕の筋肉」「血管」「日焼けした二の腕」に男らしさを感じている。
 ちょいワルだろうが、いい大人だろうが<大人の男>に弱いようだ。加齢臭に怯えるなかれ!?。

 男性の回答で最も多かった回答は【髪をかきあげる】しぐさ。「特に理由はないが色っぽい」。「ドキッとする」「セクシー」「うなじが見えるから」と本能的に惹かれている。【髪をかきあげる】でまとめたが、バリエーションがあり"かきあげる後ろ姿" "耳にかける""かきわける""前髪をかきあげる""サイドの髪をかきあげる"等々。【髪をかきあげる】しぐさの先に見える肌とセットになった理由が多かった。
 次いで【足を組む】と【上目づかい】。年代によってばらつくが10代男性はほぼ同数。20代では【上目づかい】に魅了され、30代では並び、40代では【足を組む】と男性の視線は下がって行くようだ。
 少数回答に、【かがんだ時(の胸の谷間)】があった。ストレート勝負に負けた感は否めない?しかし意外に回答が少なかったのは見送って四球選びなのか?それともスルーパスなのか?。まあくれぐれも、チャンスボールをスルーパスしないよう。 10代と40代に【頬杖をつく】があった。「アンニュイ」はもう死語かと思いきや10代に復活。

ORICONから抜粋→ http://mariage.oricon.co.jp/news/20061003_02.html

★わかるわかる!!☆:*・゚(●´∀`●):*・゚笑

そうなのですよーー!

そういうのにドキドキしたりポとなったりするのだすーー(♦▽♦)キラーン

私は男性には何気に切符を口にくわえている仕草にどきっとします・・・(●´・_っ・)ジーッ・・・・・Σ(●´Å`●;)ナニカシタ??

|

« メープルシロップ人気高まる | トップページ | 「ピーターパン」100年目の続編 »

コメント

ほうほう、なるほどなるほど・・ってオレタバコ吸わないし!!
う~む、確かに仕草はカッコイイけど・・これは無くてもイイや(笑)

その分笑顔で勝負です!!


女性の仕草はほぼ同意ですね~。
髪をかきあげるに限らず、無意識に髪先とかを触ってる仕草は結構好きですよ♪

てか、上目づかいは普通に反則でしょ!?(笑)

投稿: レモネー | 2006年10月 6日 (金) 20時23分

>レモネィさんえ★

反則って、、反則って、、ドキューンってなるから反則ってことなんですか???Σ(・ω・ノ)ノ!笑
女性の仕草、、髪をかきあげとけばいいんですね(つ´∀`)つ笑
でもでも、髪の毛短い人もかきあげないとダメなのですかね。。。汗

あ、あと、バトン回すのでちゃんとまた来てチェックしてくださいね!!!笑

投稿: ショコラ | 2006年10月 6日 (金) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92798/3710181

この記事へのトラックバック一覧です: モテる奴の仕草を真似ればきっと!?気になる異性の仕草は!?:

« メープルシロップ人気高まる | トップページ | 「ピーターパン」100年目の続編 »