« ドラゴンボール130冊万引き | トップページ | 6月21日 »

2006年6月21日 (水)

柔道の授業で寝技掛けられ死亡

千葉県市川市の県立国府台高校で昨年10月、同校2年田中義章君=当時(16)=が柔道の授業中に意識を失い死亡した事故で、両親が20日までに、学校の安全配慮に落ち度があったなどとして、県に約1億1500万円の損害賠償を求める訴えを千葉地裁松戸支部に起こした。

 訴状によると、義章君は昨年10月7日午前10時すぎ、保健体育の授業で柔道の試合中、対戦相手の男子生徒に寝技を掛けられた。義章君は逃れようとしたが、けいれんして動かなくなり、異変に気付いた保健体育の教諭が心臓マッサージをしたが、約1時間50分後に運ばれた病院で外傷性心室疾患などで死亡した。


 原告側は「教諭には生徒の生命に危険を生じさせないよう配慮する義務があった。柔道のような格闘技には、より一層の配慮が求められる」と指摘。「教諭が注意していれば事故は防止できた」と主張している。 

(時事通信社より抜粋)

★・・・最低やー!てか何で気絶したとかぐったりなったとか気づかないのかわからない。

ほんま子供少なくなってんのになんでわざわざ減らすようなことを・・・(☄ฺ◣д◢)

最悪やん!てゆうか学校側が一番最悪やし、先生も寝技かけてやめなかった生徒も最悪や。

|

« ドラゴンボール130冊万引き | トップページ | 6月21日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柔道の授業で寝技掛けられ死亡:

« ドラゴンボール130冊万引き | トップページ | 6月21日 »