« 残り9分3失点、中田凍りつく | トップページ | ボーダフォンの萌えキャライラスト集サイト »

2006年6月13日 (火)

日本バラバラ…同点にされ意識に差

<1次リーグ:オーストラリア3-1日本>◇12日◇F組◇カイザースラウテルン
 信じられない光景が繰り広げられた。パワー勝負を仕掛けてくるオーストラリアの波状攻撃を終盤まで抑えながら後半39、44分、ロスタイム…。残り6分を切った時間帯でまさかの3連続失点。次々とゴールネットを揺らされた。最後の最後でジーコジャパンの3バックが崩壊した。3度目のW杯で日本が世界の厳しさを突きつけられた。
 悲劇の裏側に選手間のギャップがあった。MFケーヒルのゴールで同点に追いつかれた。あくまでも勝利に固執し得点を奪いに行こうとする攻撃陣と、速攻を警戒する守備陣の間で意識の違いが生まれた。勝ち点は3が欲しいのか、1で良しとするか…。DF宮本主将が証言する。「前の選手は点を取りに行きたがった。後ろはカウンターを食らいたくないから…。ベンチの指示? それはなかった」。試合中に起こったわずかな「すき間」が、大量失点につながった。
 後半30分をすぎるまで、日本は勝っていた。ジーコジャパンでは「禁じ手」だったオフサイドトラップで相手をかく乱。相手のパワー勝負で受けに回っても、マークだけは外さなかった。後半11分にDF坪井が負傷退場。DF茂庭が入ったことで、左の中沢が右に移る緊急事態にも冷静に対応した。中沢は「自分たちの流れを保持できなかった。途中までは良かったけど」と力なくつぶやいた。
 これがW杯の怖さか-。3失点は日本のW杯8試合目にして最多失点。13日は宮本の長男恒凛(こうりん)ちゃんの3歳の誕生日で、勝利を愛息への前祝いにするはずだった。宮本は「まだ(頭の)整理ができない」とつぶやいた。日本が味わった世界は、想像以上に高く険しかった。

(日刊スポーツから抜粋)

|

« 残り9分3失点、中田凍りつく | トップページ | ボーダフォンの萌えキャライラスト集サイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本バラバラ…同点にされ意識に差:

« 残り9分3失点、中田凍りつく | トップページ | ボーダフォンの萌えキャライラスト集サイト »