« クレヨンしんちゃんヒンドゥー語しゃべる?! | トップページ | 脇見運転事故の原因第2位「美女に見とれて」 »

2006年6月16日 (金)

Dr.コトー復活

平均視聴率19%の人気作、3年後の「診療所」
俳優の吉岡秀隆(35)、女優の柴咲コウ(24)らが出演するフジテレビ系連続ドラマ「Dr.コトー診療所」の新シリーズが、10月から放送されることが15日、分かった。03年7~9月に放送、平均視聴率19%を記録した人気作の続編で、このほど収録がスタート。沖縄県・与那国島で長期ロケが予定されている。

 南国の孤島で離島医療にかける青年外科医と、島の人々の触れ合いを描いた「Dr.コトー」が再び連ドラで帰ってくる。

 「Dr.コトー診療所」は「週刊ヤングサンデー」に連載中の同名人気コミックを03年7月に連ドラ化。平均19・0%の高視聴率を記録した。その後、04年1月、11月に、ともに2夜連続で特別編を放送。DVD計3万5000本を売り上げたヒット作だ。

 10月から放送されるのは「Dr.コトー診療所2006」と題した続編。現実さながら、前回の連ドラから3年の月日が経過し、成長した登場人物の姿を描く。

 今回も沖縄・与那国島で、60日以上の長期ロケを敢行。また、「-2006」では、第1話から柴咲演じる星野彩佳の病気が発覚するなど、前回以上に衝撃的に物語が展開していくという。

 吉岡の連ドラ出演は前回の「Dr.コトー」以来3年3か月ぶり、柴咲は04年4月のTBS系「オレンジデイズ」以来2年半ぶり。最近は映画が活躍の中心となっている2人だけに、久々の連ドラ出演となる。

 吉岡は「コトー先生が持つ大きな志を忘れず、精いっぱい大切に演じたい。コトー先生のセリフにもあるよう、みんなが元気になって喜んでくれればうれしい」。柴咲は「彩佳は25歳から28歳へと成長していて、私自身も年を重ねているんですね。登場人物の成長や心の揺れを、見ている人みんなが感じて一緒に笑ったり泣いたり、感動したりしてほしい」とそれぞれコメント。このほど収録がスタートしたが、自然体で臨んでいる。

Dr.コトー診療所 - 原作の紹介。週刊ヤングサンデー

  • 吉岡秀隆 | 柴咲コウ - Yahoo!カテゴリ
  • yahooから抜粋→ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060616-00000084-sph-ent

    ★また連ドラ化するんやーー(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ) 結構おもしろかったし、感動もあったからコトーは好きだったよーー☆でも柴咲コウが病気になってもし死んだりなんかしたら絶対いやだなーー。゜゜(´□`。)°゜。ハッピーエンドが好きなんだー!

    |

    « クレヨンしんちゃんヒンドゥー語しゃべる?! | トップページ | 脇見運転事故の原因第2位「美女に見とれて」 »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92798/2243445

    この記事へのトラックバック一覧です: Dr.コトー復活:

    « クレヨンしんちゃんヒンドゥー語しゃべる?! | トップページ | 脇見運転事故の原因第2位「美女に見とれて」 »