« 6月20日 | トップページ | 上場時の年齢で最年少社長 記念の日、誤発注で困惑 »

2006年6月21日 (水)

ごみの中にえい児の遺体

19日午後1時20分ごろ、東京都中央区晴海5の東京湾朝潮ふ頭に停泊中の清掃船で、船長の男性(38)が、集めたごみの中から男児の遺体を見つけ、通報した。遺体は死後3日以上経過しているとみられ、警視庁月島署は、死体遺棄事件とみて司法解剖する。

 調べでは、19日午後1時ごろ、東京湾の清掃作業を終え、同ふ頭に停泊していた「第一清海丸」の船長が船内のごみたまり(縦3メートル、横2メートル)にあったゴミの中で、シンナーのにおいがするのに気づいた。選別作業をしたところ、へその緒がついたえい児の遺体を見つけた。

 ごみは16日と19日午前に集めたものだった。

(msnニュースから抜粋)

★・・・・最悪。何それ。命を何だと思ってんの。馬鹿じゃないの。最低。最低やん。もう言葉がでてこない。

|

« 6月20日 | トップページ | 上場時の年齢で最年少社長 記念の日、誤発注で困惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ごみの中にえい児の遺体:

« 6月20日 | トップページ | 上場時の年齢で最年少社長 記念の日、誤発注で困惑 »