« 6月9日 | トップページ | 天使のような女性へ導く香水「モンアンジュ」 »

2006年6月11日 (日)

リリー・フランキー氏「東京タワー」映画化

リリー・フランキー氏(42)のベストセラー「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」が映画化されることが9日、発表された。リリー氏初の長編小説で、亡き母と自身の半生を描いた感動作だ。

 昨年6月に刊行され165万部を突破。第3回本屋大賞も受賞し、7月には女優・田中裕子(51)と俳優・大泉洋(33)の共演でフジテレビ系でドラマ化されることも決定している。数十社のオファーが殺到する中、いち早く映画化に向けて動いていた松竹が権利を獲得した。

 監督は「さよなら、クロ」などの松岡錠司監督(44)。リリー氏のサイン会に足を運んでいた松岡監督は「人生の巡り合わせを感じた」と感無量の様子。「原作の真っすぐで素直な思いを損なうことなく映画にしたい。心が震えるような大切な愛の映画にしたい」と意気込んでいる。

 主人公の「ボク」を演じるのは俳優・オダギリジョー(30)。松岡監督は起用理由を「彼のガラス細工のように壊れやすいナイーブさは、主人公と通じるものがある」と説明した。オカン役は女優・樹木希林(63)。オトン役は俳優・小林薫(54)が演じる。脚本は松尾スズキ(43)が担当。8月にクランクインし、来年4月に公開される。

yahooから抜粋→ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060610-00000043-sph-ent

★私絶対見るし!!!「東京タワー」めちゃ泣いたし!!(o>ロ<)oめちゃ感動したし!!!(o>ロ<)o普段のリリーには見られないような本だったので衝撃をうけた物語だった。。。笑 でも主人公オダギリって、、、かっこよすぎじゃないか??笑 なんだかすごい見たいぞーー♪

|

« 6月9日 | トップページ | 天使のような女性へ導く香水「モンアンジュ」 »

コメント

読んで じーんときました。
なんか、自分と母親のことを振り返っちゃいますね。
自分が親になったら
もう一度 この本を読んでみたいな。
TBさせて下さい。

投稿: Bion | 2006年6月12日 (月) 23時57分

ええ★全然どんどん気にせずトラバしちゃってあげてくださいな★てか逆にトラバしてもらっちゃってありがとうございます(o・ω・o)親になってから読むとまた違ったところから見て泣けちゃうかもー!!(o>ロ<)o

投稿: ショコラ | 2006年6月13日 (火) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92798/2163861

この記事へのトラックバック一覧です: リリー・フランキー氏「東京タワー」映画化:

» 東京タワー / リリー・フランキー [心理学とタイとDOCO]
副題は「オカンとボクと、時々オトン」 泣きました。 とても大事にしたい本です。 この本を読んでいると 自分の母親がしてくれた いろいろなことを思い出してしまいます。 思い出しては 苦笑い ちょっと目頭が熱くなったりして#^^#      子供の頃      「たくさん食べなさいね」と自分のおかずを分けてくれたこと      お遊戯会の衣装が破れて泣いていたら 朝までに直してくれたこと      父親にぶたれて泣きはらした目をなでてくれたこと      一緒..... [続きを読む]

受信: 2006年6月12日 (月) 23時57分

» 100万hit 次世代情報検索ポータルサイト「フロンティア」の誕生 [100万hit 次世代情報検索ポータルサイト「フロンティア」]
はじめまして。新感覚情報検索ポータルサイト「フロンティア」誕生のご挨拶させていただいております。毎日少しずつ進化する楽しいコンテンツ満載のポータルサイトです。ぜひ一度お越しください。それでは失礼致しました。 [続きを読む]

受信: 2006年6月20日 (火) 01時26分

» 田中裕子のプロフィール [田中さんのブログ~田中美保・美帆・れいな・ロウマ・気象予報士の田中まや~]
田中裕子(たなかゆうこ)本名・澤田 裕子。1955年4月29日生まれ。女優。夫は歌手・俳優の沢田研二。大阪府池田市出身。北海道札幌西高等学校卒業、藤女子短期大学中途退学を経て明治大学文学部演劇学科卒業。明大在学中の1975年に文学座に入り、女優活...... [続きを読む]

受信: 2006年11月15日 (水) 22時21分

» 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』は4月14日より全国公開。 [芸能ニュースリンク]
リリー・フランキーさんが亡き母への思いを中心につづった小説、200万部突破のベストセラー小説「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」が映画化!原作に惚れ込んだ松岡錠司監督は、リリー・フランキーさんのサイン会で、「映画化の際は、ぜひ自分に監督を」と直談判したそうです。監督:松岡錠司出演者:オダギリジョーさん、内田也哉子さん、小林薫さん、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』は4月14日より全国公開。... [続きを読む]

受信: 2007年2月 3日 (土) 13時02分

« 6月9日 | トップページ | 天使のような女性へ導く香水「モンアンジュ」 »