« 心肺停止の男 3時間後に蘇る | トップページ | 「思い出」宇宙旅行1億円 »

2006年6月 9日 (金)

シマンテック、PC利用に関するストレスの調査結果を発表

シマンテックは、「パソコン利用時におけるストレス」に関するユーザ実態調査を実施、その結果を6月8日に公表した。インターネット利用歴3年以上のユーザ・男女年代別・計1,100名を対象に、2006年4月初旬に実施したもの。

 まずPCのパフォーマンスに関するストレスとしては、「動作が遅い」(58.2%)がもっとも多い一方で、対策については、「やり方がわからない」(40.3%)ので、「特に何もしていない」(全体の40.4%)という回答が多かった。
 保存データに関するストレスでは、「重要なデータの損失」(28.8%)、「不要なデータの蓄積」(23.9%)、「必要なファイル/データがすぐ見つからない」(12.2%)などが多かった。

 しかし、データの保存にかかわる対策を「特に何もしていない」とする回答者は3割近く(28.3%)に及んだ。なお、OS・アプリケーション以外の保存データ容量は平均約20ギガバイトとのこと。そういったデータのうち、なくしたら困るデータについては、「住所録等の連絡表」(60.2%)、「デジカメなどの写真画像」(50.1%)をあげつつも、バックアップをしているかを尋ねると、写真画像では59.9%、住所録等では57.6%がバックアップされているにとどまっている。つまり実際のところ、半数近い回答者がデータのバックアップを行っていないわけだ。

 その理由として、「面倒だから」(45.8%)とする回答がもっとも多く、「やり方がわからない」とする回答も3割(31.9%)に及んでいる。また、過去1年間に大切なデータを損失したと回答しているのは全体の26.5%。パソコン歴が長くなるにつれて、損失経験率が高くなる傾向が出ている。

RBBから抜粋→ http://www.rbbtoday.com/news/20060608/31407.html

★確かに遅いのが一番嫌い!!大体XPのくせして処理能力が悪いのよ・・・

(↑多分私が扱ってるデータが多すぎるからだっつの。笑)

なんか最近IE7.0にしてからもっと遅くなったような気もするし、MSNメッセンジャーインストールしたら余計に立ち上がりも遅いし。。。

ぐでんぐでんですわ。。。。

|

« 心肺停止の男 3時間後に蘇る | トップページ | 「思い出」宇宙旅行1億円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92798/2137332

この記事へのトラックバック一覧です: シマンテック、PC利用に関するストレスの調査結果を発表:

« 心肺停止の男 3時間後に蘇る | トップページ | 「思い出」宇宙旅行1億円 »