« 6月8日 | トップページ | シマンテック、PC利用に関するストレスの調査結果を発表 »

2006年6月 9日 (金)

心肺停止の男 3時間後に蘇る

信州大医学部付属病院(長野県松本市)は8日、今年4月に長野県の北アルプスで遭難し、3時間近く心肺が停止した埼玉県鴻巣市の男性(29)が回復し、今週中にも退院すると発表した。同病院の岡元和文救命救急センター長は「心肺停止から回復した例としては国内で最長ではないか。同じような患者の命を守ることが出来るという貴重な例になった」と話している。

 この男性は4月8日、同県小谷村の白馬乗鞍岳(2436メートル)で仲間4人とともに遭難した。9日朝に発見されたが、3人が死亡、男性は意識不明の重体だった。

 男性は同日午前9時ごろ、心肺停止が確認されたが、「蘇生の可能性がある」として信大病院に搬送され、約3時間後に人工心肺装置を装着。病院到着時に約22度の低体温状態だったが、装着後に心拍が再開した。

 入院3週間後には「寒い」などの言葉を発し、今月初めには歩行や読書も出来るようになった。退院後は自宅で、まひの残る指先などのリハビリに取り組むという。男性はサイン入りの手記を公開。「心肺が停止したにもかかわらず、生きて帰れました。今ではお手洗いなども一人で出来るようになりました」などと喜びを表した。

 心肺停止状態が続くと脳がダメージを受け、死亡または障害が残る可能性が高い。一方、低体温状態では脳のエネルギー消費が少なくなるため、停止後でも、蘇生することがあるという。

 岩手医科大医学部救急医学講座の井上義博助教授は「これほど長時間停止した後に回復したのは驚き。迅速な対応と、若さが持つ体力などが奇跡的な回復を支えたのではないか」と話している。

 信州大によると、低体温下で心肺停止し回復した海外での最長記録は、ノルウェーで報告されている6時間半という。

msnニュースから抜粋→ http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/m20060609k0000m040061000c.html

★すげーーー!!!!生き返ったんや!!!!すごすぎる!!!サイヤ人よりすごいやん。笑 でも6時間半後に生き返れても、なんか霊安室とか、遺体安置所のアルミみたいなごつい冷凍の箱に入れられたりするんじゃないのか??あ、でも殺人とかじゃないから大丈夫なのか??んー、、どうやって放置されてどこで生き返ったんだろう。大変興味があるねー(o・ω・o)

|

« 6月8日 | トップページ | シマンテック、PC利用に関するストレスの調査結果を発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92798/2134724

この記事へのトラックバック一覧です: 心肺停止の男 3時間後に蘇る :

« 6月8日 | トップページ | シマンテック、PC利用に関するストレスの調査結果を発表 »