« 大人向け「PSP」親和ブランド | トップページ | 静止画の新アート「画ニメ」 »

2006年5月30日 (火)

ペネロペ・クルス、カンヌ映画祭で主演女優賞を受賞

ペドロ・アルモドバル監督作品『ヴォルベール』(英題)のペネロペ・クルスを含めた5人の主演女優全員が、カンヌ映画祭で主演女優賞を受賞した。同作はアルモドバル監督の故郷であるスペイン、ラ・マンチャを舞台に、親子三世代の人生をユーモアを交えながら描いた作品。

ペネロペが、アルモドバル監督作品に出演するのは『ハモン・ハモン』、『オール・アバウト・マイ・マザー』に続き、約7年ぶり。心から信頼しているという監督との息もピッタリの熱演を見せた。

登壇したペネロペ・クルスは、「この賞は、あなたに贈られる賞です。あなたは最も偉大で、最も勇敢な監督です。あなたは、たくさんの魔法を私たち女優が演じたキャラクターの命に吹き込んでくれました。あなたが世界中で女性のためにした功績に、心から感謝しています」と、惜しくもパルムドール賞を逃したアルモドバル監督に最高のプレゼントを贈った。

N0008444_l_1

                                                        FILIXから抜粋→ http://www.flix.co.jp/page/N0008444

                                                            ★おめでとう♪超かわいいし、きれいだから好きなんだーー・ワ――゚.+:。ヾ(o・ω・)ノ゚.+:。――イ

見た目も良い人っぽいし、男の人もメロメロやなー(≧∀≦*)

|

« 大人向け「PSP」親和ブランド | トップページ | 静止画の新アート「画ニメ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペネロペ・クルス、カンヌ映画祭で主演女優賞を受賞:

« 大人向け「PSP」親和ブランド | トップページ | 静止画の新アート「画ニメ」 »