« 1万人が同時にネットで泣く? | トップページ | 動く“化石”撮影成功 »

2006年5月31日 (水)

日本、開催国ドイツと引き分け 2-2

サッカーの日本代表は30日午後8時半(日本時間31日午前3時半)、ドイツのレバークーゼンでワールドカップ(W杯)開催国のドイツ代表と国際親善試合を行い、2-2で引き分けた。日本は後半12分、同20分に高原が連続得点を挙げたが、その後2失点し、惜しくも勝利を逃した。 

 日本の布陣は3-5-2。中田英、福西がボランチに入り、トップ下には中村、2トップには柳沢と高原が先発した。ドイツは4-4-2で、負傷で出場が微妙だった大黒柱のバラックも試合開始からピッチに立った。

 試合は立ち上がりからドイツが支配した。球際の強さを生かしてボールを奪い、早いパスまわしで日本に囲い込みを許さず、何度もゴール前まで押し込んだ。しかし、日本は守備陣が落ち着いた対処でドイツに好機を与えず、カウンターに近い形から反撃。前半13分には、ペナルティーエリア内で柳沢からパスを受けた中田英が左足でシュート。同16分にも、中村から好パスを受けた柳沢がシュートを放つなど、得点の予感を感じさせる攻撃をみせた。

 両チーム無得点で迎えた後半、日本は試合を組み立てる中田英や中村が大きなサイドチェンジを多用したことで、負傷退場した加地に代わって出場した駒野らの攻撃参加からクロスボールにつながる攻撃が増加。後半8分、流れるようなパス交換から高原が左サイドを抜け、パスを受けた柳沢がシュートを放った。同12分、中村が巧みなボールキープから柳沢へパスを送り、柳沢が最終ラインの裏を狙った高原に絶妙なパスを通すと、高原が落ち着いてシュートを決め、日本が先制した。同20分にも、ペナルティーエリア手前でボールを受けた高原が強引な突破から右足でシュートを決め、2点差とした。

 しかし、地元で負けられないドイツは、持ち前の勝負への執念を発揮し、同31分にクローゼ、同35分にシュバインシュタイガーがセットプレーからそれぞれ得点を挙げ、試合は振り出しに。一進一退の攻防の中、日本は、中田英の絶妙なパスから交代出場の大黒がシュートを放つなど、何度か決定的な場面を作ったが、ドイツGKレーマンの好守もあり、勝ち越すことはできなかった。

20060531k0000e050007000p_size6_1

msnニュースから抜粋→ http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060531k0000e050006000c.html

★おしかったねー( ̄ー ̄)2-2とか前半すごい良かったのに・・・後から追い上げられちゃったね。。。まぁでももっと攻めの体制でこれからもサッカーやってバンバン点数かせいでほしいよ。引き分けまでは許すけど負けは許しません!!!

|

« 1万人が同時にネットで泣く? | トップページ | 動く“化石”撮影成功 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本、開催国ドイツと引き分け 2-2:

» 朝鮮 中央日報 <W杯サッカー>朴智星も足首ねんざ [朝鮮日報時事通信ブログ]
中央日報 <W杯サッカー>朴智星も足首ねんざ 韓国 パク・チソン マンチェスター・ユナイテッド ねんざだそうです。 [続きを読む]

受信: 2006年5月31日 (水) 16時20分

« 1万人が同時にネットで泣く? | トップページ | 動く“化石”撮影成功 »